もてなしの心

えっちゃんとお話をしていてずっとやりたかったことがある

ginnan-ryouri-003.jpg

地元の食材を使い素朴な田舎料理を提供できないか・・・

のんびりゆるゆるの島だから

hana-108.jpg

この景色・空気・人情・優しさをもっと感じてもらいたい

えっちゃんのプロデュースで民宿「ぎんなん」さんが実現しました^^

ginnan-034.jpg

いままで私のご案内で粟島を紹介してきましたが

これからはこの「おかあさんの田舎料理」で私の案内を感じてください

hana-114.jpg

すべてのベースはもてなしの心・・・・

fjiwa-088.jpg

一日一組 完全予約制 ブログを見た方かご利用いただいた方のご紹介の方だけ承ります

詳しくはこちら「おかあさんの田舎料理 ぎんなん」を ご覧ください

粟島を離れる私からの贈り物・・・ きっとご満足いただけると思います

民宿「ぎんなん」
このブログをご覧になった方・ご利用頂いた方のご紹介者のみご予約を承っております
一日一組 のご予約を承っております
昼食料金 おかあさんの田舎料理 お一人様 1500円(和室6畳12:00~16:00使用料を含む)

海水浴後のシャワー使用別途頂戴します

香川県三豊 市詫間町粟島2217
お問い合わせ先 0875-84-6377
ブログを見たと言ってお申し込みください
※一日一組のためご予約 がとりにくい日もございます 島時間に合わせてゆるゆるお願いします※

※ご宿泊もございます まずはお問い合わせください※

2 Replies to “もてなしの心”

  1. 海にたずさわって生きる人々の風貌・姿勢は私にとって永遠の憧れ。幸いなことに先日平木さんの粋な計らいで、その日々の暮らしの極意を拝見する機会に恵まれました。それがこの「母さんの田舎料理」。

    逞しさと優しさ、瞬発力と持久力。その緩急自在なバランス感覚を培ってきたのがこれらの料理の数々なんですね。ものすごく納得!

    あれから胡麻は煎って擂って使うようになりました。市販とはいえ工程が増えたのは劇的な進歩…かな?
    のんびりゆるゆるというよりもさわやかですがすがしい、そんな粟島日和でした。今度はぎんなんさんのところに伺うのがほんとうに楽しみです。

  2. みゅさん この企画・・・ ヒットしそうです^^
    私も来月予約を入れようかなと思っています
    これから粟島にご縁がある方たちと一緒に育っていってほしいなぁ
    胡麻・・・・ 衝撃だったでしょ?
    炒りたてならもっと香り豊か^^ いいことに出会えましたね

コメントは受け付けていません。