粟島を振り返り「知る」

「なんちゃないよ」っていったいどういう意味なんだろう?

104-001.jpg

なんちゃないってみんな言うけど自信満々なんだよね^^

最初の一年でやってみたこと・・・

流木収集(浜歩き)・キス釣り・クワガタ・海ほたる・サビキ釣り(アジ)

blog-534.jpg

アオリイカ・太刀魚・ワラビ(山菜)・・・・・・

そして「写真」

blog-2306.jpg

このときいろんな名人に出会いました

そしていろんなことを教えていただいた

その感動を・・・・・

blog-2669.jpg

お客様に味わっていただいた^^

これが島案内の始まりでした

島の外からきたからこそ 島の宝物に感動したのかなぁ

blog-4532.jpg

「自慢の庭を案内している見たいですね」ってよく言われたな

きっとうれしそうに自分が感動したことを伝えていたんだろうなぁ・・・・・

“粟島を振り返り「知る」” への2件の返信

  1. おつかれさまです。
    何ちゃないよ・・・って、Kさん、本当? と半信半疑で初上陸しました。
    梅雨明け間近の、雨模様の蒸し暑い日でした。

    昭和の初期にタイムスリップしたような景色。
    自称:「海の男」の夫と、海洋記念館を見学し、うみほたる捕獲の仕掛けを発見!! ⇒「梅酒のビンの蓋に何のために穴があけてある?」と不思議そうでした。

    えっちゃんのブイブイガーデンにもご案内いただきましたね。
    喰いだおれ太郎に感動し、はなこさんに初対面しました。

    そして・・・うみほたるショー 
    条件が悪く、浜で光るうみほたるをご覧いただけないからと、awashimaさまのご配慮でしたね。

    それまで、気管支炎の咳で安眠できず、薬が手離せなかったのですが、美しい粟島に癒され、久しぶりに熟睡できました。
    その約一ヵ月後、念願叶って、浜で光る「うみほたる」に会えたときの感動は、宝物です。

    たくさんの思い出と美しいふるさとができ、とても満足しています。
    ありがとうございました。

  2. うみほたるさん 「なんちゃないよ」この言葉の裏側には自信があるのでしょうね
    みんな胸を張って言いますよね^^
    いろんなものに興味を持ち貪欲に毎日走ってました
    楽しかったですよね

コメントは受け付けていません。